かかまずに洗濯物を干す&取り込む! お年寄りや妊婦さんにもおすすめの ラク干し洗濯かごフック♡

ラクしておうちをキレイにしたい♪ がモットーのズボラ主婦・Kです!

 

 

この夏のとびっきりの暑い日々、ちょっと買い物に行っては着替え、子どもの習い事に送って行っては着替え…と、一日に何回も着替えること多々でした。。

 

そうすると、何が困るって洗濯物ですよね~。もう、本当に大量!! 幸い天気が良かったので、干す場所には困らなかったのですが、大量の洗濯物を”干す&取り込む”という動作がつらかったです。。。

 

 

うちはマンションですが、物干し竿を二段フルに使って干しているんです。こんな感じです↓

 

 

かがんで→かごから出して→干して→乾く→畳みながら取り込む→かがむ→かごにいれるの繰り返しが、洗濯物が多いとエンドレスに感じられました(涙)。

 

特に、かがむのが大変!!!

 

私は畳みながら取り込むタイプなので、西日に照らされながら、洗濯物を畳んではかがんでかごに入れを汗をダラダラかきながら繰り返していました。

 

 

かがまずに、畳んだものをポイポイかごに入れれば、めっちゃラクなのにな~と思っていた時に見つけたのがこちら。

 

ラク干し洗濯カゴフックです!

「腰を曲げずに楽に干せる」というキャッチフレーズにズキューンと来ました

物干し竿にベルトタイプのフックを通して、そこに洗濯かごを引っ掛けて使うんだそう。

そうすれば、かごの中の洗濯物に立ったまま手が届き、つら~い立ったりかがんだりをしなくていい!

早速試してみました~♪♪

まずは、ベルトを物干し竿に引っ掛けて、リングに先端を通します。

 

ベルトの裏がマジックテープになっているので、引っ掛けた時にかごがちょうど良い高さに来る位置でペタリ。

 

ジャジャーン、カゴフックの設置完了です(30秒未満)。

 

マジックテープが幅広いので、物干し竿の高さや干す人の身長に合わせて、ぴったりな高さに調整できるのが嬉しいですね!

ではでは、早速、かごを引っ掛けてみたいと思います~♪♪

うーん、ばっちり

私の腰ぐらいのベストな高さをキープしてくれています♪。

 

奥のバスタオルをパパッと畳んで、かごにイン。

かがまずに直接かごに入れられるって、とってもラクちーん!

ええやん!ええやん!とテンション高く、手前のハンガーに掛かった服類もパパッと畳んで、かごにドンドン入れていきます。

 

どやっ! 家族4人分の全部の洗濯物を入れても大丈夫!

耐荷重10kgなので、かなりの重量まで対応してくれる頼もしさ♪

フック1本使いでも大丈夫。

 

 

トートバッグのような洗濯かごも、もちろんOK!!

ふたつのフックに左右の取っ手を別々にかけてみると…

フック上部のマグネットが外れて、自然とかごの口が開くんです!

ほーら、この通り!!

 

口が閉じるのを防いでくれるので、洗濯物を取り出すのもとってもスムーズ

かがまずに干したり、取り込んだりが出来るだけで、とーってもラク!!

洗濯物干しは毎日のことなので、便利な道具を使って、少しでもラクに気持ちよく取り組みたいですね♪

これは腰痛持ちの方や妊婦さん、ご高齢の方にもおすすめです!!

ちょっとしたプレゼントにも、喜んでもらえるのではないでしょうか~(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です