驚異の水切れ! 絞らなくても置くだけで90%以上の水とさよなら~!清潔なスポンジ♡

ラクしておうちをキレイにしたい♪ がモットーのズボラ主婦・Kです!

 

 

今日は、いきなり始まった”アイセンのキッチン・スポンジを攻める!”シリーズです!

 

第一弾は「激キレキッチンスポンジ」。

 

 

すごいオトコマエなパッケージ! 水切れが”激キレッ”だそう。

 

 

では、おなじみのマイスマホ(iPhone6S)とのサイズ比較をしてみましょー。

横幅は少し「激キレキッチンスポンジ」の方が大きく、縦は短いサイズ。

 

持ってみるとこんな感じ。やっぱり横幅が少し大きく感じられます。

固めの質感で、ギュッと握るのもやや力が必要かも。

でも、その分、ヘタらなさそうです!

 

 

網目が大きく、水がすぐ切れ、乾きも良さそうです。

よーく見ると、ブルーの面と白い面があるのが分かりますか??

 

青い面には特殊加工が施されており、研磨粒子がやさしーく汚れや水垢などのくすみをすっきり落としてくれるんだとか。白い面はソフトな洗い心地で、プラスチック食器などにもOK!

スポンジひとつで、調理器具の汚れ落としと食器洗いをしてくれるのって助かりますね

では、その水切れの威力を試してみたいと思いまーす!

スポンジをバットの上に置いた網の上にオン。水100mlをやさしく注ぎます。

 

 

注いだ瞬間、すでに水が下のバッドへと通過している!!

すごい水切れの良さです! 5分放置後がこちら↓

 

いっぱい溜まっているけど、水を注いだ瞬間からそんなに増えてないような。。

水の量をはかってみると、90mlちょい!! なんていうことでしょう!!

ほとんどの水が流れています~。

 

スポンジに残った水はというと、ギューっと絞っても、チョロリ。

驚くほどの水切れの良さです!! さすが”激キレ”!!

その水切れ能力の高さを確認した所で、次は洗浄能力の高さをチェックしていきたいと思います。

洗う場面で、スポンジに求められるのは、

・泡立ちのよさ

・泡持ちのよさ

・汚れの落としやすさ

・スポンジ自体の汚れの落ちやすさ

ではないでしょうか~?

 

まずは、スポンジの泡立ちのよさをチェーーック!!

 

おおっ、隙間があって水を含みにくいせいか、泡立つまでに少し時間がかかります。

ムギュムギュと7回ほどもんだ所で泡立ち始め、10回もんだ所でこの状態です↑

泡自体もそこまでキメ細かくはなく、量も多くはないです。泡立ちに関しては10点満点中6点ほどでしょうか。

手始めに、茶渋がついたマグカップの登場で~す!

(それにしても、なんでこんな茶渋まみれのマグカップが常に家にあるのかしら。。)

 

 

スポンジで泡立てていた時は若干、心許なかった泡ですが、洗い始めるとそれなりの量がモコモコと湧いてきて、問題ありませんでした~。

固さにもすぐ慣れて、口の部分もなんなく折り畳みつつ洗えます。

 

そしてビックリしたことに、洗い上がりがピカリンです

普通の食器用洗剤で洗っただけなのに、隅の茶渋まで落ちています。

やるぅ~♪♪

ちょいお試し洗いでその実力を垣間見た所で、本日の大物に取りかかっていきたいと思いま~す! ジャジャン!!

 

昨日の夜のカレーをカレーうどんにして食べた日曜日の昼ごはんの皿

―大人Ver.―です!(長い!)

しかも、水で洗っちゃうぞ~!

お弁当箱同様、食器用洗剤を付けて、どんなにきれいに洗っても油モノって、お湯で流さないとヌルつきが残ってしまいますよね。

水で流しただけできれいになるか乞うご期待!

 

水でササッと流しただけの汚れがこびりついた状態に、スポンジを突っ込むという恐ろしい所業。

スポンジが黄色く染まっちゃわないかしら…とビクビクしながら・・・

ドンドン洗っていきます。

 

 

 

 

お箸もしっかりゴシゴシ。スポンジは、しっかり折りたたむことが出来ますよ~。

食器用洗剤も一度も足すことなく、器2つとお箸・スプーン、写真には写っていませんが、コップも洗いきることができました。泡持ちも悪くない!

そして何より…洗い上がりがきれい~!!

 

 

見よ、この輝き!!

 

水だけでもヌルつきもなく、ツルリとした洗い上がりです。

白いソフト面で洗っているのですが、粗めの網目がしっかり泡を含んで、汚れをからめとって行ってくれるのでしょうか??

不思議~。

 

 

 

 

そして忘れてはいけないのが、スポンジの網目に残った汚れ!

網目が大きい分、奥まで入り込んで取れないんじゃないかなと心配です。

水でザーっと流しながらモミモミすること4~5回。

結構取れてるかも…

 

絞った後がこちら↑ すーっきり取れています!

これにもビックリ。

網目が大きいから、その分、絡まった汚れも落ちやすいのでしょうか?

 何はともあれ、カレー黄ばみもなく、きれいな状態を保ってくれています。

 

お次は調理器具に移りたいと思います。

 

 

ゆでうどんを引き上げたザル~。

パンチングのザルは見た目はきれいなんですが、メッシュ部分にうどんが詰まるんですよね。

しかも普通のスポンジでゴシゴシ洗うと、メッシュにスポンジが挟まって千切れたり…と、我が家では洗うのに気を遣うアイテムなんです。

 

でも、この「激キレキッチンスポンジ」なら、スポンジ自体が結構固いので、うまく洗え、また千切れることがないんじゃないかと期待大!

 ゴシゴシ洗っても、メッシュに引っかからず良い感じ

洗い上がりもサッパリです~?

メッシュ部分の汚れの詰まりも解消。

なんだか、くすみが取れたのか輝きを増しています♪♪

そして、ラスボスはこちら!!

 

 

カレー鍋 with 焦げ付き。

温めているうちに、どうしても焦げてしまうんですよね~。

このラスボスを「激キレキッチンスポンジ」でキレイにしてもらいましょう!!

 

 

アワアワ~、ゴシゴシ~。焦げ付きには青い面でアターック!!

焦げはツルリと絡め取られて落ちくれたのですが、鍋底の油ヤケが手強い。。

かくなる上はクレンザーのお出ましです!

ゴーシゴシ。

 

 

そしてピカリン♡♡

 

クレンザーとの相乗効果で汚れをツルリと落ちるから、嬉しくなって結構磨いてしまいました♪

驚異の水切れ力(=スポンジをキレイに保てる)と洗浄能力の高さを兼ね備えた

激キレキッチンスポンジ」。

デメリットを上げるとすると、少し大きめで固めな点と泡立ちがめっちゃ良いという訳ではないので、泡モコモコで洗いたいねん!という方にはどうかな~?

 

私は今まで使っていたキッチンスポンジと、弾力感や使用感が全然違うので新鮮。

スポンジというかスポンジの形をしたブラシみたいな感じです(個人的感想です)。

かつ、こういう網目の洗いスポンジって、泡がすぐヘタったり、洗い残しが多いんちゃうかな?と思っていたのですが、油モノもヌメりなく洗い上げられたので感動。

 

そして、すぐ乾く!!

まったくウェットな所がない!

見た目も使い心地も、”オトコマエ”という形容詞がぴったりなスポンジです♪

 

カレー一味を退治した後も、きれいなブルーはそのまま。

爽やかにスポンジ立てに収まってくれています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です