超極細毛のトレピカで こびりついた汚れもツルリンきれいに!

トレピカーイメージ

ラクしておうちをキレイにしたい♪ がモットーのズボラ主婦・Kです!

 

 

”アイセンのキッチン・スポンジを攻める!”シリーズ、第四弾は、

 

その名も「トレピカスポンジ」です。

出た! アイセンの伝家の宝刀“トレピカ”!!

 

これは期待大ですね~♪

 

トレピカ-kt301

 

 

トレピカ-比較

軽い力で汚れをカキ出す」というキャッチフレーズがたまりません!!

 

大きさは、マイスマホ(iPhone6S)と同じくらいのサイズ。いわゆる普通のキッチンスポンジサイズですね~。

 

トレピカ-横

 

一番上がトレピカブラシ面。

よーく見ると、波型模様になっているのが分かりますでしょうか??

 

 浮き出て見える部分が柔らかな超極細ブラシで細かいミゾやキズに入り込み、汚れをカキ出してくれます。

溝に見える部分には短めでコシの強いナイロン毛が配され、汚れをカキ取ってくれるんだそう。

 

ふたつの汚れをカキ出すパワーがあれば、細かいキズに入り込んだ汚れもきれいになりそうですね~♡♡

 

トレピカ-スポンジ

 

真ん中の白いスポンジ層は目が細かく、洗剤をしっかり含んでくれそう。

 

クリーム色のスポンジ層は、白いスポンジよりややキメが粗いので空気を含んで泡立ちに役立ったり、水切れも良さそうです。

 

トレピカ-正面

細身なので握りやすい! スポンジが主体のため、握り加減は比較的やわらかめです。

さてさて、おなじみのスポンジの水切れチェーックのお時間がやってまいりました♪♪

今までの経験上、スポンジ部分が多いタイプは、水切れが悪い傾向にあることが分かっています。

 

ということは、トレピカスポンジも水切れ力はイマイチ??

 

計量カップ100CC
トレピカ-テスト1

いつも通り、水100mlを用意して、網の上に置いたスポンジに含ませていきまーす!!

するとスポンジ4つ目にして、初めての現象が起こりました。。

 

 

 

トレピカ-テスト2
トレピカ-テスト3

なんて言うことでしょー!! 水をはじいてスポンジにまったく含まれてくれません!!

今までの3種類のスポンジと違いきめの細かさが全然ちがう。

キメが細かい!!

このスポンジを使っているのには何か意味があるのでは・・・と考えてしまう。

いつものように上から水をかける方式では、水をはじいてしまう結果に。。。

ふーむ。どうしたものかと思い、スポンジをにぎにぎしながら水をかけて、たっぷり水を含ませてからスポンジ立てに立てて5分放置することにしました。

 

トレピカ-水切れ

 

でも、水を含ませても、スポンジラックに置く前に水がドンドン切れて行ってしまうんです~。。。。。

 

トレピカ-水切れ1
バット

5分経ったし…とスポンジを持ち上げた段階で、既に軽い!!

 

 下になっていた部分にわずかに水を含むだけだったので、思いっきりギューッとしてもこの程度の水滴しか絞れませんでした。

水切れ力が高いというより、水をたっぷり含まないという感じです~。

 

ほどほどに水を含んでいるので洗剤との相性がいいのかな・・・ 衛生面ではそんなに心配することが無しですね。

そこで、泡立ちはというと…

 

トレピカ-泡立ち

 

めーっちゃイイ!!

 

今までで一番のキメ細かい泡が出来ました。

ムギュムギュした回数も7回ほどと、他のスポンジと変わりません。

 

スポンジの構造 + 水の含み加減 + 洗剤

 

この三位一体で生まれた“アワ・あわ・泡” 洗いモノをするときの“モコモコの泡”が与える安心感

 

やるな! キッチントレピカスポンジ!!

 

では、その威力を実際に食器洗いで確認していきたいと思います。

 

 

えー、今回は「昨晩のミートソースの残りをドリアにして食べた日曜の昼ご飯」です。

 

オーブントースターに入れた器も洗っていきまーす。

あー、焦げたミートソースやチーズ、ご飯の粒が残っていますね。手強そう!!

 

トレピカ-汚れ落とし1
トレピカ-汚れ落とし2

モーコモコ泡で洗っていくよ~♪

 

本当にキメが細かく、洗顔クリームのようです。

この泡が汚れを包み込んでくれるので、ミートソースの赤い汚れがスポンジにまったく付きません。

びっくり!

 

トレピカ-汚れ落とし3
トレピカ-泡立ち

すべての食器を洗っても、泡がモコモコ。

むしろドンドン増えていっているような感覚すら覚えます!

 

まだまだスポンジに泡が残っているので、食器用洗剤はつぎ足さず、鍋にアターック!!

 

ミートソースを温めた鍋には、そこかしこにソースの残りがこびりつき、底には焦げもありまーす。

でも、あのモコモコ泡なら、すぐに落としてくれるはず

 

焦げをトレピカブラシ面でゴシッとこすったら、

ブラシ×泡のダブルアタックでツルンとさようなら~!

 

泡が多すぎて、わかりにくーい!! というぐらい、まだまだ泡がいっぱいです。

 

トレピカ-汚れ
トレピカ-洗い

トレピカなら軽く落としてくれるはずと、予洗いなどせず焦げにアタックしたため、トレピカブラシ面にミートソースの焦げが入り込んでしまいました。    てへ。

 

水で洗ったら落ちるかしら…?

 

トレピカ-洗浄後1

 

 

トレピカ-洗浄後2

落ちたー!! 新品同然に戻りました。

 

一般的な繊維が絡まったスポンジに比べ、繊維が直立したようになっているので、汚れが絡まないでしょうネ。

 

トレピカ-洗浄後3

 

スポンジ面もミートソースの影も形もありません。

 

モコモコ泡がガードしてくれた? スポンジのキメが細かいから・・・?

不思議がいっぱいのキッチントレピカスポンジです。

あっ、ちなみに食器の洗いあがりもバッチリです~

 

 

今回もお湯は使わず、水のみで流していますが、目に見える汚れはもちろん、残りやすい油汚れもすっきりクリアになっているのが、分かりますでしょうか?

 

 くもりがちなガラス容器が、キラキラ輝いています

 

これも、目には見えにくいキズに入り込んだ汚れも落としてくれたからでしょうかネ。

 

食器類がきれいになった所で、最後にキッチンシンクのお掃除をしたいと思いまーす! 以前、同じトレピカ素材でできた“貼りつくスポンジ”でキッチンシンクを掃除したら、本当にきれいになったんですよね~。

きっと、この“トレピカスポンジ”でも同じ効果があるはず。

 

 

 

水アカでくもった水栓。。。

しかも、根元にはガビガビが詰まっているぞ…(汗)

 

トレピカスポンジでやっつけてしまえ~!

 

 

アワアワ~

 

 

ゴシゴシ~

 

 

あっ、洗剤ラックにも水アカのワイヤーの間にも水アカが!

 

トレピカ-カゴ洗浄

 

トレピカ×もこもこ泡で、磨いていきまーす!

 

 

シンクに移った広告の色! いつも広告の上で皮むきをして、むいた皮を広告で包んで捨てるんですが、水がつくと広告の色が移ってしまうんですよね。

 

トレピカ-調理台

 

そんな汚れも…

 

トレピカ-調理台1

 

消えた!

 

 

息子の手あかも

 

トレピカ-調理台3

 

キュキュッとな!で、

 

トレピカ-調理台4

 

スッキリ~

そんなこんなで、どんどん磨いて、

 

 

シンクからキッチン台までアワアワ~。

最後は濡れタオルでしっかり吹き上げたら、ご覧の様子!

 

 

 

水栓だって、キラキラ輝いています。もう鏡のような美しさ?

 

 

水栓の根元部分もきれいになりました♪♪

 

 

洗剤ラックの隙間の水アカともおさらばです♪

 

天板のくすみも

 

<BEFORE>

<AFTER>

めーっちゃ白くなっているのが分かりますでしょうか??

 

さすがトレピカ素材!

 

一見、どうってことのない普通のキッチンスポンジに見えますが、秘められた力がたくさんの“キッチントレピカスポンジ”。とにかく泡立ちがめっちゃ良い!! 水切りも良いと言っていいのか悩みますが、乾燥状態が長く続いて衛生的であることは確かです。

 

 

そしてトレピカブラシ面の汚れをやさしく取る能力の高さを考えれば、なかなかバランス良く高スペックなスポンジという印象です。

 

しかも、コレひとつで、食器洗いのみならず、キッチンのあらゆる汚れをクリアにしてくれます♪

 

 

毎日の終わりのシンク掃除に使ってもよし。もうそろそろ捨てようかなと思ったら、最後にシンク掃除に使ってポイッでもよし。定期的に掃除をしておけば、年末の大掃除もきっとラクですね

 

コツいらずで使いやすいので、初めて一人暮らしする~なんて初心者さんにもおすすめでーす♪♪

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です